English info please scroll down

「2045 Carnival Folklore 」加藤直輝監督、日本、 2015年

《STORY》 2045年のファーイースト。かつて日本と呼ばれた国は天災によってすべての原発かメルトダウンし、崩壊した。数年後、とあるシティが奇跡的な復興を遂げる。絶望し た人々の集合的無意識が理想郷を 実現したのだ。完璧に調和された社会。そこに外から密命を帯びた異邦人がやってくる。この映画は彼が提出した報告書である。リストには人工麻薬、ミュータント、スカムパンクス、ノイズアニミスム、ソイレントフード、そして マンドラゴラなどの項目がある。

オフィシャルサイト
http://2045carnivalfolklore.com/ja/

©️2045 Carnival Folklore

 

©️2045 Carnival Folklore

 

©️2045 Carnival Folklore

 

加藤直輝監督の長編映画に俳優として主演、ライブ上映パフォーマンスにダンサーとして参加しました。2045 Carnival Folklore は原発事故後に露骨に顕在化したメディアの洗脳戦略、既得権益にぶら下がり続ける人々の隠蔽体質、考えることを辞め、ただ上からの司令とマニュアルに従うのみの市民と、考えすぎて精神病院に投函され市民権を剥奪される人々の様態を描き、群衆心理を巧みに操る管理社会の成れ果てのを原子力爆弾が投下されてから100年後の日本という国に見立て、徹底的にグロテスクにコミカルに風刺し、最終的にはノイズで吹き飛ばす荒唐無稽でポップな長編音響実験映画です。2015年に北米最大級の映画祭、シアトル国際映画祭にてワールドプレミア上映をされました。

この映画プロジェクトは平成24年度ACY先駆的芸術活動支援助成採択事業 加藤直輝監督『Sonic Road Movie Yokohama!(仮) として開始されました。2012年の冬に全編横浜市内(一部、鎌倉市)で撮影が始まり、2013年の1月に公開撮影イベントライブを横浜みなとみらい赤レンガ広場にて行い、3月に東京藝術大学大学院映像研究科馬車道校舎にてプレビュー公開を行いました。以後、ポストプロダクションを経て2045 Carnival Folkloreと改題しインディペンデント映画祭キノトライブ2014 (オーディトリウム渋谷)にて初公開し、山口情報芸術センター、せんだいメディアテーク、SuperDeluxe 東京、大阪第七藝術劇場などで上映されました。国外では米国最大の観客動員数を誇るシアトル国際映画祭(2015年)に正式招待、ライブパフォーマンス上映されました。2016年に配給団体PLATAUXを設立しSuper Deluxe東京、Camera Japanロッテルダム、Avant Art Festival ブロツラフ、St Leonard’s Church ロンドン、Caixa Forum カサアシア・バルセロナアジア映画祭におけるライブパフォーマンス上映事業を企画し主催、ICARO グァテマラ国際映画祭、バクダッド国際映画祭に上映配給を行いました。尚、本年度3月に加藤直輝監督の続編として 「Blood Echo」にも出演しており、2018年に東京藝術大学大学院映像研究科馬車道校舎にてプレビュー上映されました。

 

シアトル国際映画2015ライブ上映 加藤直輝

助成:
公益財団法人横浜市芸術文化振興財団
ジャパン・コンテンツ ローカライズ&プロモーション支援助成金(J-LOP)
グレイトブリテン・ササカワ財団
公益財団法人 ユニジャパン

 

 

 

2045 Carnival Folklore  Directed by Naoki Kato

2015 | HD | COLOR AND B/W | STEREO | 16:9
93MIN. / 100MIN.(LIVE MOVIE SCREENING VERSION)  | JAPAN

http://2045carnivalfolklore.com/en/

2045 Carnival Folklore is a fast, funny, dystopian “b-movie” – a sci-fi film set 100 years after the Hirioshima bomb (hence the 2045 in the title) and created in the 5 years after Japan’s 3/11 disaster at the Fukushima power plant.

“A noise rock Brave New World with echoes of Alphaville, this gorgeous black and white vision of Japan after a nuclear disaster pits chaos against control , secret agents against an oppressive government agency” – David Novak .

The film’s World Premiere as a Live Movie Screening at 2015’s Seattle International Film Festival (where audience gave a 4.1/5 rating ) and the festival director Andy Spletzer described the event as “the live score that came with the screening was definitely my favorite thing about the 2015 Seattle Intensively Film Festival – can’t wait to see what they do next”.

The film director Kato’s has coined the term “Live Movie Screening” for such events. It refers to when the movie is screened in combination with a live music performance – “the space is filled with a host of sounds, from the faintest of sighs to a roaring noises that physically press against your body” – a new type of ‘expanded film’ experience, much beyond that of the normal cinema experience because of its alternative, interactive and highly theatrical approach.

 

2015 | HD | COLOR AND B/W | STEREO | 16:9
93MIN. / 100MIN.(LIVE MOVIE SCREENING VERSION)  | JAPAN

SEATTLE INTERNATIONAL FILM FESTIVAL 2015, SCI-FI FACT OFFICIAL SELECTION

Naoki Kato: Direction, Script
Keisuke Masuda : Original story, Script
Yukibumi Josha : Cinematography
Hwang Young Chang : Sound Recording
Hiroshi Suzuki :Editing
Music by Sierror!〽 (Naoki Kato+Keisuke Masuda), Hiroyuki Nagashima(Dowser)
Naoko Hara : Art Direction
Ko Sakai : Assistant Director
Yukiko Iioka : Camera Assistant
Produced by  Harahoro,  ENBU seminer
Funded by  Arts Commission Yokohama
Live Screening Oragnized by PLATAUX
Distribution support by EN Pacific Service

Cast :
Junya Ishii, Misaki Oka,  Shigeru Okuse,  Ryosuke Hayashi
Ryo Hamamoto, Hiroyuki Nagashima,  T.MIKAWA, Hideyuki Okamoto,  Emiri Kosaki, Tsunekazu Ebihara, Toma Onishi, Masaya Omura,  Naoko Oka, Yukako Kawazoe, Yohei Tsuchiya, Futoshi Hamanaka, Yusuke Hiraoka, Kyoko Yano, Keisuke Masuda

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です