mamorukin.com

 

 

“The Interpreter: A single channel video + performance”

映像:尾角典子    ダンス:石井順也
音楽:門奈昭英(BO NINGEN) 、レオ・デュプレックス
CAMERA JAPAN FESTIVAL2016 オープニングパフォーマンス
日時:2016年10月6日  会場:Lantern Venster ロッテルダム

毎年ロッテルダム、オランダにて開催される日本映画祭CAMERA JAPANのオープニングで映像、ダンス、音楽によるミックスメディアパフォーマンスを行いました。 ロンドン在住の映像作家、尾角典子の短編映像作品”Interpreter”の上映後、石井順也のダンス、門奈昭英(BO NINGEN)、レオ・デュプレックスによる音楽によって構成されたこのパフォーマンスの趣旨は「Interpretation=解釈」というキーワードの実験です。観客は尾角典子によるタロットカードの映像をパフォーマーがInterpret=通訳する、演奏する行為を、見て解釈することになります。観客が無意識と物語に目を向けるように、アーティストが招待している記録です。

https://camerajapan.nl/event/festive-opening/

 

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です